傷跡が残らないタトゥー除去|レーザー治療を利用しよう

照射治療の特徴

鏡を見る婦人

照射治療はしわ、たるみ、しみなどに効果があります。顔に光線をあてるだけで、皮膚をまったく傷つけないでリフトアップや美白ができます。ただし、肌の状態によって照射治療ができない人もいるので、事前に確認することが大切です。

More Detail

整ったフェイスラインに

ウーマン

頬や目の下のくぼみにヒアルロン酸注射を打つと、顔をふっくらとした状態にすることができます。また顎への注入で、先端の尖った顎や横幅の広い顎にすることもできるのです。しかも粘性の高いヒアルロン酸が使われるので、効果は3年ほど持続します。太い注射針が使われますが、痛みが気になる場合は麻酔がおこなわれます。

More Detail

利用者が増加しています

座る女性

現在、多くの人がタトゥーの除去を求めて美容整形クリニックを訪れています。美容整形クリニックで行うタトゥーの除去方法は主に2通りあります。一つはタトゥーの部分を切除して行う方法であり、痛みやキズ跡などが残る傾向です。もう一つはレーザーによる治療方法です。こちらは痛みが少ないのが特徴ですが、1回では綺麗にならず数回の通院が必要です。また、どの治療方法においてもタトゥーをすべて綺麗に取り去ることはできないのを予め知っておくことが大切になります。レーザー治療では目立たなくさせることが可能ですが、完全になくすことはできないのです。痛みも少ないく、患者側の負担や傷跡が残らないことがレーザー治療でタトゥーを除去するメリットと言えるでしょう。

ファッションの一つとしてタトゥーを入れた人も、やがては結婚をして子供をもつなどのライフスタイルの変化が訪れます。このようなライフスタイルの変化によって、タトゥーが邪魔になり後悔をしている人が多くいるのです。タトゥーがあることで、温泉の利用が制限されたり、子供とのプールを楽しむことが出来ないのです。また、日本では反社会的なイメージも強いため、周りからの目を気にする人も増えているのです。おしゃれだと思って入れたタトゥーが、生活の変化や自身の価値観の変化によって邪魔な物と化している人が増加しているのです。消したいと考えても個人では難しいため、美容整形クリニックでのレーザー治療が人気を集めているのです。

シミやそばかすに効果あり

女の人

メラニンを攻撃する光を照射するフォトフェイシャル治療を受けると、シミやそばかすが数日のうちにポロポロと取れます。ただし定期的な照射が必要であることが多いため、クリニック選びの際は通いやすさを重視しましょう。東京では多くの施設でフォトフェイシャルが実施されていますから選択はしやすいでしょう。

More Detail

このエントリーをはてなブックマークに追加