照射治療の特徴|傷跡が残らないタトゥー除去|レーザー治療を利用しよう

傷跡が残らないタトゥー除去|レーザー治療を利用しよう

照射治療の特徴

鏡を見る婦人

美容皮膚科で照射治療

できてしまったシミやしわ・たるみなどを消すことができるのが美容皮膚科の照射治療です。メラニンを分解したり、コラーゲンの生成を促したりする作用がある光やレーザーなどを照射して行う治療です。フォトフェイシャルはシミやくすみに効果がある光治療です。また、コラーゲンの増殖をサポートするので、しわやたるみのリフトアップ効果もあります。一度に沢山の肌トラブルを改善したい場合にお勧めです。フォトフェイシャルよりもリフトアップに重きを置いた治療がサーマクールCPTです。サーマクールCPTには皮膚を引き締めるタイトニング効果と、皮膚にハリを出すリフティング効果があります。シミには効果はなく、しわとたるみのみにアプローチします。

照射ができないケース

照射治療をしてしわやたるみを改善するなら、皮膚が健康であることが前提です。照射する部分に外傷や火傷、化膿したニキビなどがある場合は、それが治るのを待つ必要があります。また、ほくろ等のレーザー治療をしたあとも同じで、赤みが完全に消えるのを待ってからの治療になります。ひどく褐色した日焼けをしていると照射が負担になります。照射治療をするなら日焼けはタブーです。顔の中に金属のプレートを入れていたり、ゴールデンリフトを施している場合は、照射系の治療ができない事になっています。ペースメーカーを付けてる人も治療ができない可能性があります。妊娠中の女性や授乳中の女性も照射治療ができない場合があるので、治療前に自己申告する事が大切です。

このエントリーをはてなブックマークに追加